不用品回収のご相談なら。不用品処分ドットコムへ

0800-111-0538 受付時間 8:00〜20:00 年中無休

江戸川区小松川にて、洋服ダンスの回収依頼をいただきました。

 

 

2020年12月25日(金)

 

 

毎年恒例の「福男選び」が中止。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、西宮神社(兵庫県西宮市社家町)の恒例行事「福男選び」の中止が決定した。

54年ぶりの中止となってしまった。
本えびすの1月10日午前0時、閉じられた表大門の中では神職による神事が始まる。

その後の午前6時、太鼓の音とともに表大門が厳かにその扉を開く。

「開門神事」だ。

一斉に駆け出す参拝者たち。

約230メートル先の本殿まで「走り参り」をし、最初に到着した3人がその年の「福男」に認定される。
福男は、その年の福を集め、周囲の人に福を広めるとされる。

年々過熱する福男争奪戦に、近年では先着1500人の中から抽選で前列の108人と後列の150人を選ぶようになった。

福男になるためには抽選の“狭き門”を突破し、できるだけ前のスタート位置を確保する運を持ち合わせることも必要だ。

毎年、開門時には5千人以上の参拝者であふれかえる。
「走り参り」は江戸時代より前からあったとされる。信仰深い人たちが1番先に「えびす神」にお参りしようと、自宅から神社に走って行ったことから自然発生したという。
今回のように中止になったのは、戦時中の空襲による被害の影響を受けた46〜52年と、全国の祭礼行事で死者が続出し、警察から指導を受けた66、67年の2度のみ。

阪神・淡路大震災からほぼ1年後の96年にも「走り参り」は途絶えることなく続けられた。
コロナ禍を受け、54年ぶりの中止となる「福男選び」。

11月初旬の時点で同神社は、参加人数を縮小するため事前の申し込みと抽選による神事の継続を予定していた。

しかし新型コロナ感染者数の急増を受け、12月中旬に中止を決断。

参拝者が安全に本殿へ移動してもらう方策を考えており「参拝そのものを禁止するわけではないので、ゆっくり歩いて参ってほしい」としている。

 

 

 

さて、本日は、

 

江戸川区小松川にて、洋服ダンスの回収依頼をいただきました。

 

長年使用し、引き出しが開かなくなってしまった洋服タンスを処分したいとご依頼をいただき、回収に伺いました。

 

大き目のタンスでしたが、上下に分解でき、室内に傷をつけないよう慎重に運び出しました。

 

 

 

 

 

《回収品》

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不用品ドットコムでは、回収できないものはほとんどございません。

 

不用品はどんなものでも、まずはお問合せ下さい。

○冷蔵庫
○洗濯機
○電子レンジ
○テレビ
○ベッド
○マットレス
○ソファー
○食器棚
○ダイニングテーブル
○学習机
○自転車
○オフィスの机
○本棚
○布団

などなど、不用品は当社にお任せ下さい。

 

他社様に断られてしまったものでも、一度ご相談ください。

 

 

 

 

お困りごとがございましたら、是非一度『不用品回収ドットコム』へお電話下さい。

年中無休・最短で即時回収が可能ですので、お客様のご都合に合わせて回収に伺います。

経験豊富なスタッフがどのような物でも、敏速丁寧にご自宅から運び出して回収いたします。

 

 

 

 

 

ご依頼の流れ

1まずはお電話ください!

まずは、お電話又はお問い合わせフォームよりご依頼内容をお問い合わせください。
電話:0800-111-0538
(受付8:00~20:00 年中無休)

2お見積いたします!

最適なプラン・金額をご提示いたします。
お気軽にご相談ください!担当スタッフがお客様の元へ伺い、現場を拝見してのお見積りも対応致します。(即日対応も可能ですあります)

3作業開始!

ご提示させて頂いた料金にご納得頂けましたら、作業開始させていただきます。
ご依頼して頂いた日時にお伺いさせて頂きます。誠心誠意ご対応させて頂きます。

4お支払い!

作業終了後、お客様に最終チェックをして頂き、ご納得頂けましたら作業終了です。完全に作業終了後、お支払いとなります。※お支払いは現金のみとなります。

スタッフブログ-現場スタッフの活動ブログ!お客様の声や日々の活動を綴ってます。-