不用品回収のご相談なら。不用品処分ドットコムへ

0800-111-0538 受付時間 8:00〜20:00 年中無休

江戸川区宇喜田町にて、冷蔵庫の回収依頼をいただきました。

 

 

2021年4月3日(土)

 

 

ドラマ「北の国から」、映画「若大将」シリーズなどで知られる俳優田中邦衛さんが3月24日午前11時24分、老衰のため88歳で死去していたそうです。

すでに家族葬を執り行い、お別れ会、しのぶ会は行わないそう。

12年に親友の地井武男さんの「お別れの会」に出席後は公の場に姿を見せることはなかった。

田中さんの家族一同は2日にコメントを発表。

最期について「家族に見守られながら、安らかな旅立ちでした」とした。

田中さんは最後まで前向きに生きる気力と、周囲への感謝を持ち続けていたという。

家族葬は、亡くなった後は静かに見送ってほしいという故人の希望に沿った。

10年公開の映画「最後の忠臣蔵」の出演が、俳優としての最後の仕事になった。

12年8月、俳優座養成所の後輩で「北の国から」など数多くの作品で共演した地井さんの「お別れの会」に発起人として出席。

同作で息子を演じた吉岡秀隆さんに体を支えられながら、「おいら、まだ信じられない。会いたいよ」と遺影に向かって悲痛な思いを訴えて以来、公の場に姿を見せることもなくなった。

13年には週刊誌に俳優引退と報じられた。

その後、足腰が弱ったこともあって高齢者向け施設に入所、リハビリ生活を送った。

自宅に戻ることもあり、医療介護を受けながら過ごした。

倉本聰氏が脚本を手掛けたフジテレビ系ドラマ「北の国から」に主演。

北海道・富良野に移り住み2人の子供を育てる黒板五郎を演じ、厳しいだけでなく温かさも持つ父親像が多くの人々に愛された。

同作は02年までスペシャルドラマとしてシリーズ化され、田中さんの代名詞ともなった。

田中さんはきまじめでシャイな性格でも知られていた。

取材やトーク番組は大の苦手だった。

「北の国から」の五郎と田中さんをそのまま重ね合わせるファンも多い。

五郎の独特の語り口調や表情は、ものまねネタの定番ともなり、幅広い世代に親しまれた。

独特の語り口で愛された個性派俳優がまた1人、旅立ったてしまいました。

残念です。

 

 

 

さて、本日は、

 

江戸川区宇喜田町にて、冷蔵庫の回収依頼をいただきました。

 

冷蔵庫を大きい物に買い替えるとのことで、回収にお伺いしました。

 

夜にお伺いしたので、住人の方々にご迷惑にならないよう、静かに慎重に運び出しました。

 

 

 

 

《回収品》

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不用品ドットコムでは、回収できないものはほとんどございません。

 

不用品はどんなものでも、まずはお問合せ下さい。

○冷蔵庫
○洗濯機
○電子レンジ
○テレビ
○ベッド
○マットレス
○ソファー
○食器棚
○ダイニングテーブル
○学習机
○自転車
○オフィスの机
○本棚
○布団

などなど、不用品は当社にお任せ下さい。

 

他社様に断られてしまったものでも、一度ご相談ください。

 

 

 

 

お困りごとがございましたら、是非一度『不用品回収ドットコム』へお電話下さい。

 

年中無休・最短で即時回収が可能ですので、お客様のご都合に合わせて回収に伺います。

 

経験豊富なスタッフがどのような物でも、敏速丁寧にご自宅から運び出して回収いたします。

 

 

 

 

 

ご依頼の流れ

1まずはお電話ください!

まずは、お電話又はお問い合わせフォームよりご依頼内容をお問い合わせください。
電話:0800-111-0538
(受付8:00~20:00 年中無休)

2お見積いたします!

最適なプラン・金額をご提示いたします。
お気軽にご相談ください!担当スタッフがお客様の元へ伺い、現場を拝見してのお見積りも対応致します。(即日対応も可能ですあります)

3作業開始!

ご提示させて頂いた料金にご納得頂けましたら、作業開始させていただきます。
ご依頼して頂いた日時にお伺いさせて頂きます。誠心誠意ご対応させて頂きます。

4お支払い!

作業終了後、お客様に最終チェックをして頂き、ご納得頂けましたら作業終了です。完全に作業終了後、お支払いとなります。※お支払いは現金のみとなります。

スタッフブログ-現場スタッフの活動ブログ!お客様の声や日々の活動を綴ってます。-