不用品回収のご相談なら。不用品処分ドットコムへ

0800-111-0538 受付時間 8:00〜20:00 年中無休

江戸川区堀江町にて、折り畳ベッドの回収依頼をいただきました。

 

 

2020年11月21日(土)

 

 

新型コロナウイルスによる、外出自粛がもたらした巣ごもり消費。

その波は、高級グルメにも及んでいるそうです。

東京・広尾の高級住宅街に構える老舗の高級スーパー「明治屋広尾ストアー」で、売り上げが右肩上がりに伸びている商品の1つが、冷凍食品の高級ローストビーフ。

ひと月に20〜30頭しか市場に出回らない希少価値から、幻の黒毛和牛と呼ばれる奥出雲和牛。

それをパリの三つ星レストランの副料理長などを務めたフランス料理界の巨匠が、香味野菜とスパイスで下味をつけ、低温でじっくりロースト。

サーロインとモモを、それぞれローストビーフに仕立てあげた。

脂の甘みにとろけるような食感のサーロイン、しっとりと柔らかな食感のモモ。
どちらも極上の逸品。

奥出雲和牛のプレミアムローストビーフのサーロインが、550グラム、2万円とかなり高額。

ところが、コロナ禍にもかかわらず、右肩上がりの人気だという。

コロナ前と比べると、4倍から5倍くらいの売り上げがあるそうだ。

デパートなどでは、お歳暮商品が販売中ですが、家庭用として購入される方が多いという。

松阪牛を使った丼ぶりや北海道産帆立の詰め合わせなど、5000円前後のものが人気。

コロナ禍でなかなか旅行に行けない分、これなら旅をした気分でご当地グルメを味わえる。

更に、お正月のおせちの出足が好調。

例年だと、3万円台のおせちが中心だというのだが、コロナ禍の2020年は、10万円以上のおせちの予約が好調。

特に、老舗料亭・東京吉兆のおせちは、2019年完売しなかった15万円台のおせちが、まもなく限定台数に到達するという。

巣ごもり消費が定着する中、自分用や家庭用として、高額な商品に財布を緩める動きは、しばらく続くとみられる。

 

 

 

 

さて、本日は、

 

江戸川区堀江町にて、折り畳ベッドの回収依頼をいただきました。

 

買い替えのために不要になった折り畳みベッドの処分のご依頼をいただきました。

 

お宅はマンションの3階で、エレベーターのない建物だったので、階段での搬出でしたが、階段が狭く少々てこずりましたが、無事に搬出できました。

 

 

 

 

 

 

不用品ドットコムでは、回収できないものはほとんどございません。

 

不用品はどんなものでも、まずはお問合せ下さい。

○冷蔵庫
○洗濯機
○電子レンジ
○テレビ
○ベッド
○マットレス
○ソファー
○食器棚
○ダイニングテーブル
○学習机
○自転車
○オフィスの机
○本棚
○布団

などなど、不用品は当社にお任せ下さい。

 

他社様に断られてしまったものでも、一度ご相談ください。

 

 

 

お困りごとがございましたら、是非一度『不用品回収ドットコム』へお電話下さい。

 

年中無休・最短で即時回収が可能ですので、お客様のご都合に合わせて回収に伺います。

 

経験豊富なスタッフがどのような物でも、敏速丁寧にご自宅から運び出して回収いたします。

 

 

 

 

 

 

ご依頼の流れ

1まずはお電話ください!

まずは、お電話又はお問い合わせフォームよりご依頼内容をお問い合わせください。
電話:0800-111-0538
(受付8:00~20:00 年中無休)

2お見積いたします!

最適なプラン・金額をご提示いたします。
お気軽にご相談ください!担当スタッフがお客様の元へ伺い、現場を拝見してのお見積りも対応致します。(即日対応も可能ですあります)

3作業開始!

ご提示させて頂いた料金にご納得頂けましたら、作業開始させていただきます。
ご依頼して頂いた日時にお伺いさせて頂きます。誠心誠意ご対応させて頂きます。

4お支払い!

作業終了後、お客様に最終チェックをして頂き、ご納得頂けましたら作業終了です。完全に作業終了後、お支払いとなります。※お支払いは現金のみとなります。

スタッフブログ-現場スタッフの活動ブログ!お客様の声や日々の活動を綴ってます。-