不用品回収のご相談なら。不用品処分ドットコムへ

0800-111-0538 受付時間 8:00〜20:00 年中無休

江戸川区上一色にて、ベッドの回収依頼をいただきました。

 

 

2020年12月24日(木)

 

 

昭和時代、擦り傷をした子供たちが塗っていた「赤チン」。

国内に現存する唯一のメーカーでは、24日最後の製造を迎えることになりました。
世代によってはおなじみですが、若者は聞いたこともない商品。
昭和時代、擦り傷をした子供たちは、いつも赤い消毒液を塗っていました。

通称「赤チン」。
国内に現存する唯一のメーカー、東京世田谷区の三栄製薬。

創業68年、作り続けた赤チンのその数「数億本」。

本日24日で、最後の製造を迎えることになったのです。
赤チンの製造は1960年代ごろピークとなり、メーカーも最大100社ほどありましたが、原料の製造過程で発生する水銀が、四大公害病の「水俣病」の原因と断定されるなどあって、急速に市場が縮小しました。
その後も、海外から原料を調達して生産を続けていましたが、2018年には、最後の1社になり、大みそか以降は、輸入にも規制がかかるため、24日で身をひくことを決めたそうです。
また1つ、昭和の古き良き商品のともしびが消えてしまいまたね。。。

 

 

 

さて、本日は、

 

江戸川区上一色にて、ベッドの回収依頼をいただきました。

 

長年使用していなかったベッドを処分したいとご依頼をいただき、回収に伺いました。

 

 

 

 

《回収品》

 

 

 

 

 

 

特殊ベッドの処分もお任せください。

 

介護施設で不用となった、介護ベッドや全自動ベッドも1台から回収・処分させて頂きます。

介護ベッドや全自動ベッドは通常のベッドと比べて、かなりの重量がある為 専門的な知識がないと搬出などが難しい作業となります。

また入居されていたお客様の諸事情により退去される場合や、遺品処分としての回収も、施設スタッフ様や御家族様に代わって真心こめて丁寧に整理致します。

特殊なベッドや寝具、ご事情がある回収・処分も是非『不用品回収ドットコム』にお任せ下さい。
個人様からのご依頼だけでなく企業・施設様からのご依頼も承ります。

 

 

 

 

不用品ドットコムでは、回収できないものはほとんどございません。

 

不用品はどんなものでも、まずはお問合せ下さい。

○冷蔵庫
○洗濯機
○電子レンジ
○テレビ
○ベッド
○マットレス
○ソファー
○食器棚
○ダイニングテーブル
○学習机
○自転車
○オフィスの机
○本棚
○布団

などなど、不用品は当社にお任せ下さい。

 

他社様に断られてしまったものでも、一度ご相談ください。

 

 

 

 

お困りごとがございましたら、是非一度『不用品回収ドットコム』へお電話下さい。

年中無休・最短で即時回収が可能ですので、お客様のご都合に合わせて回収に伺います。

経験豊富なスタッフがどのような物でも、敏速丁寧にご自宅から運び出して回収いたします。

 

 

 

 

 

ご依頼の流れ

1まずはお電話ください!

まずは、お電話又はお問い合わせフォームよりご依頼内容をお問い合わせください。
電話:0800-111-0538
(受付8:00~20:00 年中無休)

2お見積いたします!

最適なプラン・金額をご提示いたします。
お気軽にご相談ください!担当スタッフがお客様の元へ伺い、現場を拝見してのお見積りも対応致します。(即日対応も可能ですあります)

3作業開始!

ご提示させて頂いた料金にご納得頂けましたら、作業開始させていただきます。
ご依頼して頂いた日時にお伺いさせて頂きます。誠心誠意ご対応させて頂きます。

4お支払い!

作業終了後、お客様に最終チェックをして頂き、ご納得頂けましたら作業終了です。完全に作業終了後、お支払いとなります。※お支払いは現金のみとなります。

スタッフブログ-現場スタッフの活動ブログ!お客様の声や日々の活動を綴ってます。-